敬老の日のプレゼントのおすすめは

9月の第3月曜日が「敬老の日」で、お年寄りの長寿を祝い、感謝したり大事にする国民の祝日です。では、敬老の日のプレゼントは誰が誰に贈るものでしょうか。
孫がおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントを贈るイメージがありますが、子どもが自分の親の長寿をお祝いしてプレゼントを贈るのもいいですね。

敬老の日が最近こちらで話題になりました。

ちなみに100歳以上の長寿の方には、内閣総理大臣からお祝い状とともに記念品が贈呈されます。



これは、昭和38年(1963年)から始まったもので、多年にわたり社会の発展に寄与してきた高齢者に感謝し、国民の高齢者福祉への関心と理解を深めることを目的としています。



では子どもや孫が高齢者にプレゼントをするなら、どんなものが喜ばれるでしょうか。孫からの贈り物は、何かを買うのではなく手作りのお菓子や手紙などでもおすすめです。


でも、遊びに行ってあげて、たくさん話を聞いてあげるだけでも祖父母にとっては何よりも嬉しいプレゼントになるはずです。

子どもが親に敬老の日のプレゼントをあげるなら、食べ物・飲み物なら出身地の銘菓や旅行したときに思い出に残っているお菓子やお取り寄せ品、お酒やワインなどもおすすめ。

家を華やかに彩るブーケなどを添えると、おばあちゃんには喜ばれるでしょう。形に残る思い出の品物を贈るなら、名前入りの湯呑茶碗や身につけるアイテムなど、毎日使うものや着るもの・履くものも喜ばれます。とはいえ、まだまだ気持ちが若い高齢者も多いので「敬老の日なんて失礼な!」と思う方もいるかもしれません。
そんなときは、敬老の日のお祝いとは言わずに、家族や親族で集まって食事会を開いてお喋りするだけでもいい思い出になるはずです。

敬老の日の納得の事実

「敬老の日」は9月の第3週目の月曜日にあり、毎年カレンダー上連休にするために日にちが変わります。本来の目的はお年寄りの長寿や健康を祝う祝日ですが、連休になりますのでご家族で実家のおじいちゃん・おばあちゃんの所にお孫さんを連れて久しぶりにご家族全員で再会を喜び合う方も多くいらっしゃると思います。...

more

敬老の日の事柄

敬老の日は、日本の国民の祝日のひとつです。2003年より、敬老の日は、9月の第3日曜日と定められています。...

more

敬老の日のわかりやすい情報

毎年9月の第3月曜日にあたる敬老の日は、高齢の方を敬愛し長寿を祝うための祝日です。特に何もイベントをしていないという人も多いかもしれませんが、この機会にお祝いをしてみるのもおすすめです。...

more

敬老の日の専門知識

敬老の日がもう少しですが、プレゼントは何にするか考えている人もいることでしょう。しかし思うように外出できないために、今まで通りの生活ができないでもやもやしているおじいちゃん、おばあちゃんも多いことかもしれません。...

more